MENU
このテーマは「SWELL」で制作されています。 購入する

国内ドラマ@こころ の全話の無料動画配信情報とあらすじまとめ

こころを無料で視聴する事のできる動画配信サイトを紹介中です。「こころ」を無料視聴するなら動画配信数NO,1の「U-NEXT」が断然オススメ。

※ 見逃した方や最速で新着配信を見たい方にお勧めです ※

業界トップの配信数 無料見放題動画

お試し期間中に解約をすれば一切追加料金が掛かることはありません

あるべど
『こころ』をすぐに無料で観れる裏技を教えちゃうからね♪
しゃるてぃあ
無料?って言うことはタダで動画が観れちゃうのって事?
あるべど
一切お金が掛からない方法だから、どれだけ視聴しても0円だよ。

無料で「こころ」の動画を視聴する方法は誰でも簡単今スグにでも視聴が出来る方法です。とても安全安心な視聴方法なので「こころ」のアニメを最初から見たい方や見逃したあの場面を視聴したい方など、様々な方にオススメです。

※現在2020年の情報を参照させて頂いております。 番組配信、配信スケジュールに関しましては、動画配信元に直接お問い合わせの上、ご確認頂きますよう宜しくお願い致します。

※ 見逃した方や最速で新着配信を見たい方にお勧めです ※
目次

他にもオススメできる配信サイトが多数

今すぐ「お試し体験」が出来ます
▼▼今すぐ体験▼▼

配信元 詳細
U-NEXTで今すぐ観る

\ 期間内解約金ゼロ /

31日間2,189円~/月 今すぐ配信を観る
huluで今すぐ観る 2週間1,026円~/月 今すぐ配信を観る
アマプラで今すぐ観る 30日間500円~/月 今すぐ配信を観る
d'TVで今すぐ観る 31日間550円~/月 今すぐ配信を観る
FODで今すぐ観る 2週間976円~/月 今すぐ配信を観る
TSUTAYAで今すぐ観る 30日間1,026円~/月 今すぐ配信を観る

こころの配信全話のあらすじ

こころの全体のストーリーはこんな感じ…

浅草を舞台に、うなぎ屋の若女将の奮闘を描く青春子育て日記

(1) 「祭りに咲いた恋心」

浅草生まれの末永こころ()は国際線の客室乗務員。心意気にちなんで名づけられた、祭り好きの下町っ子だ。実家は8代続く「きよ川」といううなぎ屋で、祖母いづみ()と母・美佐子()が切り盛りしている。父・沢朗は15年前に離婚し、家を出た。香港へのフライトを終えた夜、こころは合コンで、大学病院の医師・朝倉優作()と出会う。一方、いづみは美佐子に見合い話を持ちかける。

ChromeCast対応

(2) 「祭りに咲いた恋心」

こころ()は勤務中、客として乗り合わせた医師の優作()と再会するが、今度は優作にソーダ水をかけてしまう。動転したこころは倒れた拍子に軽い脳しんとうを起こし、優作に介抱される。その日は、浅草の三社祭の日だった。ぎりぎりに駆けつけたこころは町みこしを担ぎ、祭りは最高潮に。その夜、祭りの終わりを飾る宮入りで、風呂屋の鉄男()が倒れる。それを介抱したのは、またしても優作だった。

ChromeCast対応

(3) 「祭りに咲いた恋心」

宮入りの最中に倒れた鉄男()は、優作()の大学病院で処置を受ける。優作に対して距離を置こうとするこころ()だが、投網子()たちは「運命の出会いだ」と二人の仲をたきつける。一方、花火師の一国()は、浅草を出た沢朗が15年ぶりに隅田川花火大会に参加することをいづみ()に知らせる。それを知った美佐子()は、いづみの持って来た見合い話を受けると言いだす。

ChromeCast対応

(4) 「祭りに咲いた恋心」

こころ()は、勤務中にしつけの悪い子供をたたいたことで、上司の涼子(高田万由子)に戒められる。美佐子()の見合いの日、心配なこころは会場に向かうが、相手が土壇場でキャンセル。こころは仲人に詰め寄り、融資の打ち合わせで居合わせた優作()にたしなめられる。帰ってきた美佐子に対して、いづみ()や従業員たちは普通にふるまおうとして失敗。だが、皆の優しさに美佐子は気を取り直す。

ChromeCast対応

(5) 「祭りに咲いた恋心」

こころ()は、優作()に一目ぼれのリカ子(一戸奈未)に連れられ、優作の勤務する大学病院に向かう。だが、現れたのは同僚の落合()で、優作は別の病院で勤務中だった。投網子()たちは、優作に会ったほうがいいと、こころを後押し。数日後、探し当てた優作の勤務先は設備も不十分な小さな診療所だった。折りしも急患が担ぎ込まれ、こころは医師としての優作を初めて目の当たりにする。

ChromeCast対応

(6) 「祭りに咲いた恋心」

自分の気持ちを確かめるため、こころ()は優作()が働く診療所を再び訪れる。浅草で診療所を開きたいという優作に対して、こころは浅草の案内を買って出る。一方、一国()は美佐子()に、沢朗()が次の日曜日に浅草に来ることを伝える。日曜日。道に迷った優作はこころに電話するが、偶然通りかかった沢朗が優作を案内する。探しに来たこころは、優作を見つけ駆け寄ろうとするが…。

ChromeCast対応

(7) 「夢追う男は危険な男?」

浅草で診療所を開きたいという優作()のために、こころ()は浅草の町を案内する。同じころ、沢朗()は隅田川花火大会への参加を断ろうとするが、花火師の一国()に考え直すよう言われ悩む。そして、こころや美佐子()に会うことなく新潟へ戻る。こころは、優作が浅草の住民に受け入れられるように、優作を町の有力者たちの会合に招くことを思いつく。

ChromeCast対応

(8) 「夢追う男は危険な男?」

こころ()の計らいで、浅草での診療所開設のため、町の有力者の会合に出席した優作()と落合()。最初に落合が説明を始めるが、しどろもどろで失敗。だが優作が、新潟で診療所を営む父の姿を見て地域医療を志した、という自分の原点を語り、一同は拍手で迎える。喜ぶこころたちだが、融資の中止の知らせが入る。

ChromeCast対応

(9) 「夢追う男は危険な男?」

診療所への融資が中止になり、優作()は夢をあきらめようとするが、こころ()は納得しない。こころと優作は、再び町の会合に出向いて事情を説明し、謝る。そこへ町内会長の吉川()が助け舟を出し、浅草の住人が皆で場所や資材を提供して協力することになり、診療所開設が可能になった。会合の後、自分の名前を呼んでほしい、と伝えたこころに、優作はこれからもいい友達でいてくれと告げる。

ChromeCast対応

(10) 「夢追う男は危険な男?」

想(おも)いを寄せる優作()に、いい友達でいようと言われたこころ()。それを聞いた投網子()は、優作は診療所を開くためにこころを利用した、と憤る。それからのこころは仕事にも集中できない。見かねた先輩の涼子(高田万由子)は、自分の思いをぶつけたほうがいい、とアドバイスする。そしてこころは、診療所の準備をする優作に向かって、意を決して好きだと伝える。

ChromeCast対応

(11) 「夢追う男は危険な男?」

優作()に告白したこころ()だが、とりあえずは友達として診療所を手伝うことに。一方、美佐子()は思い切って新潟の沢朗()に電話するが、名乗れずに電話を切る。気付いた沢朗が電話してくると、今度はこころが出て、思わず切ってしまう。優作の態度をはっきりさせようと考えた投網子()たちは、風鈴の色が異なるほおずきの鉢を並べ、優作に選ばせる。優作が選んだのは赤い風鈴で…。

ChromeCast対応

(12) 「夢追う男は危険な男?」

優作()の気持ちがわからず悩むこころ()は、隅田川で中学生の倖()と出会う。こころは自殺かと早とちりするが、倖は落し物をしただけ。二人は意気投合し、お互いの悩みを話す。美佐子()は改めて沢朗()に電話するが、佐緒里()が電話に出てしまい、また話せない。銀()たちから、優作は結婚していて子供もいると聞き、こころは優作のマンションを訪ねる。

ChromeCast対応

(13) 「愛の誓いは花火のように」

こころ()は、優作()が結婚しているのか確かめられない。隅田川の花火大会で沢朗()の花火があがることを知った万()は、一国()と美佐子()に詰め寄る。その場は意に介さない美佐子だが、沢朗と佐織里()のことをずっと気にしていた。一方、こころは、保育園に子供を迎えに行こうとする優作と鉢合わせし、優作がバツイチであることを知る。

ChromeCast対応

(14) 「愛の誓いは花火のように」

「ずっと待っている」と優作()に告げたこころ()は、不安ながらも頑張ろうと決意。一方、佐織里()は浅草に現れ、沢朗が自分の花火工場を継ぐことになる、と美佐子()に告げる。こころはフライト業務中に涼子(高田万由子)から、相手に一方的に気持ちを押し付けているだけでは、と指摘される。こころは今まで自分の気持ちを押し付けていたことを優作にわび、子供たちへのお土産を渡す。

ChromeCast対応

(15) 「愛の誓いは花火のように」

優作()がバツイチだと知った美佐子()は、こころ()と優作の交際に反対。しかし、こころの決意は変わらない。そんな中、お互いの立場を知らないまま、こころと倖()はますます意気投合する。倖は、優作に女性の影を感じていた。その夜、おみやげにもらったシャツを破ってなじる倖に、優作は初めて手を上げてしまい、倖は家を飛び出す。優作はこころに電話して助けを求めることに…。

ChromeCast対応

(16) 「愛の誓いは花火のように」

家を飛び出した倖()を捜しに出かける優作()。優太()の世話を頼まれたこころ()は、初めて優作の家に。こころになついた優太は、こころのひざの上で眠ってしまう。倖は友達の家にいた。こころは、仲直りに倖を明後日の花火大会に誘うよう、優作にすすめる。一方、沢朗()は、花火大会で昔ながらの「和火」をあげるという。こころたちに見せる花火はこれしかないのだと。

ChromeCast対応

(17) 「愛の誓いは花火のように」

花火大会当日。沢朗()は「きよ川」に電話し、自分の花火を見てほしいとだけ伝える。いづみ()は、沢朗に会いに行くよう美佐子()を諭すが、煮え切らない美佐子。代わりに会いに行ったこころ()は、二度と自分たちの前に現れないでほしいと告げる。だが、その夜沢朗があげたのは、かつてのこころたちとの思い出の和火だった。思わず涙を流すこころの前に、優作()が現れる。

ChromeCast対応

(18) 「愛の誓いは花火のように」

浅草の空に沢朗()の花火が上がった夜、気持ちが通じ合ったこころ()と優作()。優作はその場でこころにプロポーズする。いづみ()は美佐子()に「いい花火だった」という。一方、こころと倖()は依然、互いの立場を知らないまま。倖は、会わせたい人がいると言う優作が気に入らない。ついに優作の子供たちと会う日、こころが待ち合わせのレストランに緊張して入ると…。

ChromeCast対応

(19) 「妻になるとき母になり?」

優作()の交際相手がこころ()だと知った倖()は「だまされた」と二人を責め、家事をしない、とストライキを宣言。新潟では、沢朗()が佐緒里()に、工場は継がないと改めて告げる。幸せな結婚にしたいと願うこころはいづみ()に打ち明ける。美佐子()にも伝えようとするが、気の早い浅草の人々がお祝いにやって来て…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(20) 「妻になるとき母になり?」

こころ()と優作()の結婚話を浅草の人たちから聞かされた美佐子()は、反対の一点張り。一方でこころは、誤解を解こうと倖()に会いに行くが、一筋縄ではいかない。逆に倖に挑発されて、優太()の誕生日会で料理を披露することを約束してしまう。数日後、優作が「きよ川」にあいさつに訪れるが、美佐子は面と向かって結婚に反対する。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(21) 「妻になるとき母になり?」

美佐子()と衝突して家を飛び出したこころ()は、投網子()のもとに転がり込んだ。優太()の誕生日会の料理のことで悩むこころに、生野(勝俣州和)、五井()、丹下()の三人が助け舟を出し、見栄えのする品々を作り上げる。だが畑違いの料理なうえ、間に合わせの材料で代用したため、味はひどいことに。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(22) 「妻になるとき母になり?」

優太()の誕生日会に持ち込んだ料理は大失敗だったが、こころ()はとっさに、父・沢朗の好物だった新潟の郷土料理「のっぺ汁」を作る。優作()たちは喜ぶが、倖()の態度は変わらない。数日後、倖が学校で軽いいじめにあっていると知ったこころは、他人事とは思えず、仕返しをしようと倖に提案。銀()にひと芝居打たせることにするが…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(23) 「妻になるとき母になり?」

こころ()が美佐子()に結婚を反対され家を出ていると知った優作()は、もう一度美佐子にあいさつに行く、とこころに約束する。浅草サンバカーニバルの日、優作は「きよ川」を訪れる。いづみ()、優太()と倖()も顔をそろえた。優作は過去の結婚のことを誠実に語り、今ならばこころと生きる家族の明るい姿が見えるという。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(24) 「妻になるとき母になり?」

優作()との結婚話もまとまり、こころ()は家に戻る。沢朗()に結婚の報告をするようにといづみ()はいうが、こころは迷う。そのころ沢朗は、こころが結婚することを一国()から聞かされていた。一方、この結婚に納得できない銀()は、「大場湯」に優作を呼び出して、長風呂我慢大会で決着をつけるといいだす。それを聞きつけた浅草中のこころファンも殺到し、大騒ぎに。

ChromeCast対応

(25) 「てんやわんやの華燭(かしょく)の典」

こころ()と優作()の結婚が決まり、優作のマンションにこころの荷物が運び込まれる。ところが倖()は、広げられたこころの荷物に拒否反応。実の母・カンナのことをないがしろにされたようで許せないのだ。複雑な思いをぶつけてくる倖に、優作は「お前たちとカンナはずっと家族だ。でも新しい家族も増えるんだ」と答える。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(26) 「てんやわんやの華燭(かしょく)の典」

優作()の両親との初対面に緊張するこころ()だったが、優作の診療所開設に反対する父・有礼()に思わず反論してしまう。八海山の山頂に登ったこころと優作は、優作の原点となった景色を見下ろしながら、どんな時も離れない家族をと誓いあう。その夜、急患の往診に向かう有礼は、診療所の医師としての心掛けを優作に説いて出ていく。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(27) 「てんやわんやの華燭(かしょく)の典」

沢朗()の住む山古志村へあいさつに行こうと誘う優作()に対し、こころ()は父に会いたくないと断る。優作は、子供たちと三人で会いに行く。子供たちを匠()が遊ばせている間、話し込む沢朗と優作。優作は結婚式の案内状を渡して招待するが、沢朗は「気持ちはありがたいが、行けない」と答える。その晩、沢朗を結婚式に呼んだことを知り、こころは…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(28) 「てんやわんやの華燭(かしょく)の典」

沢朗()のことで優作()と衝突し、一人浅草へ帰ってしまったこころ()。いづみ()や涼子(高田万由子)に諭されるが、なかなか優作と話せないでいた。結婚式前日、こころは意を決して優作のマンションを訪れるが、倖()に今日だけは親子水入らずで過ごしたいといわれ、優作に会わずに帰る。その夜、美佐子()はこころに…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(29) 「てんやわんやの華燭(かしょく)の典」

結婚式当日を迎えるが、こころ()は寝坊するわ、銀()がこころに駆け落ちを迫るわで、何かと波乱含み。ようやく浅草神社での式が始まる。だが、優作()は誓詞を読み上げようとしない。おもむろに口を開いた優作は、自分の言葉でこころに向かって誓いの言葉を述べる。そしてこころも永遠の愛を誓う。外から見守っていた沢朗()は安心して立ち去る。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(30) 「てんやわんやの華燭(かしょく)の典」

披露宴の最中に、こころ()は父の沢朗が結婚式に来ていたことを知る。優作()はすぐに追うようにいうが、皆がいるからと、こころは動かない。披露宴が終わり、翌日からこころと優作たちとの新しい生活が始まった。しかし、何でもテキパキとこなす倖()の前ではこころはまるでお客様のようで、家族になった実感が持てない。悩むこころは、仕事をやめて家庭に専念しようかと優作に相談するが…。

ChromeCast対応

(31) 「雨降って固まる家族の絆」

こころ()は、家庭と仕事を両立すべく一念発起。朝4時に起きて朝食の準備に奮闘し、寝不足状態。見かねた優作()は無理するなというが、「自分も何かしたい」というこころの気持ちは収まらない。そんなこころに、優太()がお道具袋を作ってほしいと頼む。慣れない裁縫に悪戦苦闘するこころ。倖()との競作の末、優太が選んだのは…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(32) 「雨降って固まる家族の絆」

倖()は高校進学に悩んでいるが、診療所開設で忙しい優作()は話を聞けずにいた。こころ()が代わりに相談に乗ろうとするが、かえって余計なことだと倖に突っぱねられる。気になるこころは子供部屋を掃除中に倖の日記帳を見つけ、思わず手に取る。そこを倖に見られてしまい、日記を読まれたと思った倖は激怒。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(33) 「雨降って固まる家族の絆」

やはり自分では、倖()たちの本当の母親には太刀打ちできないかもしれないと、こころ()はすっかり自信をなくす。そんなこころの寂しさを癒やすためには愛情表現が必要だと、落合()は優作()を諭す。その晩、優作は、不器用ながらも一生懸命に自分の思いを伝える。こころのわだかまりは解けたが、母親にこだわる倖は意地を張ったまま。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(34) 「雨降って固まる家族の絆」

いよいよ診療所開設の日。浅草のゆかりの人々を集めてパーティーが開かれるが、やはり倖()は現れない。心配になり探しに出るこころ()。倖は、二人が初めて出会った場所にいた。素直に倖に向かって話すこころに対し、倖も心を開く。倖は、こころにも優作()にも気を遣って、それをうまく表現できずにいたのだ。だが、優作はそんな倖を頭ごなしに叱る。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(35) 「雨降って固まる家族の絆」

こころ()が倖()と優太()を連れて「きよ川」へ帰り、優作()は一人取り残される。互いに意地を張っていたが、倖の中学校からの電話で初めて、倖が進路のことで悩んでいると知る二人。母親のような女医になることを夢見る倖は、学費のことやこころの反発を気にして悩んでいたのだ。倖の夢を応援する、と快く告げるこころ。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(36) 「雨降って固まる家族の絆」

クリスマスの季節。開設間もない診療所は閑散としている。暇そうな優作()を見た優太()は、患者が大勢くるようサンタクロースにお願いする。こころ()らがサービス券付きのチラシを配って患者が押し寄せるが、理由を知った優作は、余計な手助けはいらないと怒る。クリスマスイブ、サンタは現れず優太はがっかり。そんな診療所に、サンタの衣装を着た万太郎()が骨折で担ぎこまれる。

ChromeCast対応

(37) 「それでもやっぱり医は仁術」

いづみ()が子猫を拾ってきた。倖()と優太()は、こころ()たちにないしょでマンションで飼うことに。診療所の大家・藤岡()は近頃体調が悪そうだが、優作()が診察を受けるように言っても応じようとしない。涼子(高田万由子)と落合()を引き合わせようと、こころは家で小さなパーティーを開く。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(38) 「それでもやっぱり医は仁術」

プライベートを犠牲にしてまで町の診療医を続けるのは自分には無理だ、という落合()。落合は大学病院から誘いを受けていた。気落ちする優作()をこころ()たちが励まし、優作は一人で診療所を続ける決心をする。倖()たちが猫を飼っていることが住民にばれるが、藤岡()の許しを得て診療所で飼えることに。喜ぶこころたちの前に…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(39) 「それでもやっぱり医は仁術」

藤岡()の息子・勉()は、1週間以内に診療所を立ち退くよう迫る。1年前、仕事一筋の藤岡が妻の病気に気づかず死なせてしまったことで、藤岡親子の間には深い溝ができていた。こころ()は、二人を食事に招いてなんとか話し合わせようとする。こころは優作()に、二人が仲直りするためには自分たちが出て行くしかない、と提案する。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(40) 「それでもやっぱり医は仁術」

診療所を引き払う決心をしたこころ()たちは、子猫の里親探しを始める。落合()がいなくなってから一人で診察を続ける優作()は大忙しで、食事をとる暇もない。こころは藤岡()に、診療所を出て行く決心を告げる。その直後、藤岡は心臓発作を起こして倒れてしまう。救急車を走らせるが受け入れ先が見つからず、一刻を争う状況に…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(41) 「それでもやっぱり医は仁術」

こころ()が院長()に直談判し、藤岡()は一命を取り留めた。しかし優作()は医者としての自信を失い、診療所を立ち退く準備を始める。こころは、藤岡の見舞いに訪れた勉()に、和解したい藤岡の気持ちを話す。その夜、優作のマンションに勉が来る。優作とこころにどれだけ世話になったか、藤岡から聞かされた勉は…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(42) 「それでもやっぱり医は仁術」

ギックリ腰になった有礼()を手伝うため、優作()は急きょ新潟へ向かう。だが、優作の誕生日を家族で祝う約束を破られ、倖()はふてくされる。優作は両親に、こころ()が来てから家族が変わったこと、すべてがいい方向に向かっていることを話す。そして優作とこころたちは、新潟と東京で電話ごしに誕生日を祝う。深夜、八海山でけが人が出たという知らせが入り、優作は雪山へと向かう。

ChromeCast対応

(43) 「突然の別れと永遠の愛」

吹雪の八海山中で、ケガをして動けない母子に応急処置を施した優作()は、救助隊を呼ぶために山を下りる。その日の昼、優作の帰宅を心待ちにしていたこころ()のもとに、優作が山から戻らないという連絡が入る。事態を受け入れられぬままに、急ぎ新潟へと向かうこころ、倖()、優太()。救助隊による懸命の捜索も、強まる吹雪のため難航し…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(44) 「突然の別れと永遠の愛」

吹雪のため救助本部は夜の捜索を断念するが、こころ()は優作の無事を信じて疑わない。だが翌日も吹雪はやまず、これ以上犠牲者を出せないと、有礼()は捜索活動の打ち切りを願い出る。絶望的な状況に重苦しい朝倉家に、こころを支えようと東京から美佐子()が駆けつける。優作は生きている、私は諦めない、と美佐子にいうこころ。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(45) 「突然の別れと永遠の愛」

吹雪の中、優作()を捜しに山へ向かうこころ()。新聞で優作の遭難を知った沢朗()が六日町に駆けつける。雪に足を取られ動けなくなったこころは、優作の名前をひたすら叫ぶ。こころは有礼()たちに救助されるが、そのまま意識を失う。こころを美佐子()に託し、沢朗は山古志村へ帰る。3日後、目覚めたこころは…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(46) 「突然の別れと永遠の愛」

こころ()は有礼()夫婦から、倖()と優太()を引き取りたいと告げられる。こころとしては子供たちと一緒に暮らしたいが、新潟に残るという倖。そんな時、優作()が助けた親子が訪ねてくる。そして「家族はどんな時も離れちゃいけない」という優作の言葉を伝えていく。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(47) 「突然の別れと永遠の愛」

こころ()たちは月島のマンションで親子3人の生活を始める。優太()は食事の時、自分の料理を半分残し、「お父さんの分を取っておく」といって聞かない。そして優作に手紙を出そうと、優太は生野(勝俣州和)に郵送を頼む。悩んだ生野は銀()に相談。生野は優太に、「いい子にしていればすぐに帰る」と返事の手紙が来たといってしまう。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(48) 「突然の別れと永遠の愛」

優太()は、優作から手紙をもらったから診療所に行く、と言って譲らない。こころ()と倖()は、誰が手紙を書いたのかいぶかしく思うが判明しない。優太と診療所で会うと約束してしまった銀()は、懸命に優作のフリをする。だがそこに倖とこころが駆けつけて、すべてばれてしまう。「こころの笑顔を取り戻したかった」という銀の言葉を聞いた倖は、優太とともに祖父母のもとへ向かう。

ChromeCast対応

(49) 「父の背中の温もりは」

こころ()に黙って、新潟の祖父母(・大森暁美)のもとへ行ってしまった倖()と優太()。二人はこのまま新潟で暮らしたいという。こころが迎えに来ても、倖と優太は絶対に会おうとしない。それは、一緒にいるとこころが不幸になってしまうと思った倖たちの、精一杯の決心だった。二人に会えないまま、こころは東京へ。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(50) 「父の背中の温もりは」

涼子(高田万由子)や投網子()からアドバイスをもらったこころ()は、改めて倖()と優太()の母親として頑張っていこうと決意する。そんなこころのもとに、新潟に残った倖と優太が外に出たまま戻って来ないという連絡が入る。その直後、沢朗()からの電話で、二人が山古志村の沢朗の花火工場にいることがわかる。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(51) 「父の背中の温もりは」

沢朗()の家に泊まることになった倖()と優太()。「匠()のお嫁さんになって新潟で暮らす」といいだす倖に皆は驚くが、沢朗は倖の寂しさに気付く。倖も、こころ()に対する沢朗の思いを気遣う。山古志村に到着したこころは、沢朗の家に泊まることを美佐子()に報告。美佐子は、沢朗ときちんと話し合うよう告げる。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(52) 「父の背中の温もりは」

花火工場で二人きりになった沢朗()とこころ()。沢朗はこの15年間の思いを語るが、こころは激しく拒絶してしまう。翌朝こころは、食事の世話に来た佐緒里()から、沢朗が渡せないまましまっていたこころへの贈り物の数々を見せられ、初めて父の思いを知る。こころは、子供たちを置いて一度東京に戻る決心をする。そこへ突然、携帯電話に連絡が入る。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(53) 「父の背中の温もりは」

雪崩に巻き込まれた優作が遺体で見つかる。葬儀を終え悲しみにくれる倖()と優太()を連れて、こころ()は八海山のふもとへ。山に向かって優作への思いを力いっぱい叫び、三人はもう一度家族をやり直す約束をする。その夜、匠()が訪れ、見せたいものがあるという。それは、沢朗()が上げる優作への弔いの花火だった。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(54) 「父の背中の温もりは」

春。「きよ川」は優太()の入学式の話題で持ちきり。美佐子()はこころ()に、子供たちを連れて「きよ川」に戻って来たらどうかと提案するが、こころは今のままでいたいという。一方、診療所では、落合()のお疲れ様会が催される。落合がいなくなると診療所は閉めざるをえないのだった。最後に一人診療所の鍵を閉め、名残を惜しむこころだが、そこにスーツ姿の女性()が現れて…。

ChromeCast対応

(55) 「生みの母と育ての母と」

優作の前妻・カンナ()の突然の出現に、こころ()は思わず取り乱してしまう。こころから相談された美佐子()は、カンナとよく話し合うよう促す。一方、倖()も実母が現れたことを知ってしまい、複雑な気持ちを隠しきれない。こころとカンナは改めて話し合うが、倖たちをどちらが引き取るか、互いに譲らない。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(56) 「生みの母と育ての母と」

倖()は、カンナ()に会いたくないという。一方、カンナは「きよ川」を訪れる。調理場からのぞく万太郎()たちは、カンナに意見しようと勢い込むが、本人の前では腰砕けになる。なおもカンナを追い返そうとする生野(勝俣州和)には、当人たちの問題に口出しするなといづみ()が一喝。こころはカンナに、倖と優太()に判断させることを提案。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(57) 「生みの母と育ての母と」

カンナ()と倖()たちを会わせることにしたこころ()。投網子()たちは考え直すようにいうが、決意は揺るがない。だが突然、カンナから、子供たちに会いに行けないと電話が入る。論文の入ったフロッピーディスクを紛失し、探さなければならないと焦るカンナ。こころは、カンナの代わりにフロッピーディスク探しを買って出る。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(58) 「生みの母と育ての母と」

こころ()の同僚たちの協力で、カンナ()が機内で紛失したフロッピーディスクは無事見つかる。倖()と優太()は、カンナと一緒に一日を過ごしていた。そして、ホテルでそれぞれの思いを話すカンナと倖。倖は、カンナのことがまだ許せないと語る。夜、倖たちの帰りを待つこころに電話が来る。優太が眠ってしまったという倖に、こころはあえて…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(59) 「生みの母と育ての母と」

倖()と優太()と一日を過ごした翌日、カンナ()はこころ()を「きよ川」に呼び出す。こころと倖たちの結びつきを知ったカンナは、このままこころに育ててほしい、そして浅草で育ててほしいと頼む。倖は、カンナがドイツに去ったと聞いて一瞬荒れる。しかし、カンナが優作の診療所のスポンサーを探し医療機器もそろえてくれたことを知り…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(60) 「生みの母と育ての母と」

こころ()たち3人が「きよ川」で暮らすことになり、引っ越してきた。だが、部屋をどう振り分けるかで一騒動。元のこころの部屋に3人分の荷物を入れるのは無理があるが、こころは、いづみ()たちとは別会計にして自立した家族でいたいという。それは、子供たちが店に縛られないようにというこころの配慮だった。こころの思いを知った美佐子()は自分の部屋を譲り、晴れて皆で一つ屋根の下で暮らすことに。

ChromeCast対応

(61) 「女将とは店の母なり」

「きよ川」が観光雑誌で紹介されることになった。大喜びのこころ()たち。一方、涼子(高田万由子)が教官になることが決まり、客室乗務員としてのこころの責任が増す。「きよ川」の調理場では、五井()が生野(勝俣州和)に対して急に厳しく当たるようになる。千野(清水由貴子)たちは、五井が日暮里のうなぎ屋の仲居と交際していると嗅ぎつけ、そのせいだと騒ぐ。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(62) 「女将とは店の母なり」

涼子(高田万由子)は、救急員認定を受けるために診療所の落合()のもとを訪れる。一方、日暮里のうなぎ屋「多岐川」の麻子(棟里佳)が、「きよ川」を訪ねて来た。五井()から事情を聞いているこころ()は慌てる。麻子は、五井に自分の店を手伝ってもらいたいと、いづみ()に直接話しに来たのだ。美佐子()は反対するが…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(63) 「女将とは店の母なり」

五井()が他の店に移ることになり、従業員一同はショックを受けるが、皆で「きよ川」から送り出す。こころ()は子育てと客室乗務員の仕事を抱えながら、今まで以上に店を手伝おうと決意。店は生野(勝俣州和)が板長代わりになって頑張るが、五井の穴を埋められず失敗ばかり。さらに、一国()の予約していた宴会の人数が当日になって急に増え…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(64) 「女将とは店の母なり」

生野(勝俣州和)が板長として一国()の宴会を仕切るが、結果は失敗。落ち込む生野を励ますこころ()だが、自身も、子育てと仕事と家業の問題で悩んでいた。いづみ()は新しい板前を入れることに反対するが、美佐子()は大きな宴会の予約を受け、そのために腕の立つ板前を調理師紹介所に依頼。美佐子はこころに、宴会にこだわるわけを語る。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(65) 「女将とは店の母なり」

生野(勝俣州和)は、夜中にこっそり調理場で料理を練習していた。こころ()は五井()に会いに行くが、五井がいるはずの店は既に店じまい。「きよ川」ではいづみ()や美佐子()が必死に宴会の準備をする。そこに、こころが新しい板前を連れて帰って来る。それは五井だった。いづみの恩義が忘れられない五井を、こころが捜し出したのだ。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(66) 「女将とは店の母なり」

匠()が新潟から、浅草の一国()のもとに修業に来ることになった。それは沢朗()の親心からだった。一方こころ()は、フライト業務中にブラジル在住のハナ()と知り合う。こころはハナと話すうちに、「きよ川」に対する自分の思いに気づく。その夜、「きよ川」では匠の歓迎会が行われていたが、銀()たちと匠が大ゲンカになる。店に戻って来たこころはケンカの仲裁に入り…。

ChromeCast対応

(67) 「生意気喧嘩は江戸の華?」

一国()の下で修業することになった匠()だが、「きよ川」での歓迎会でさっそくケンカ騒ぎ。こころ()は匠に、せっかく来たからには浅草を楽しんでほしいという。匠と一緒に住むことになった銀()は、兄弟子として何かと世話を焼く。美佐子()は、「きよ川」の営業のために昔の常連客を訪ねたいとこころに打ち明ける。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(68) 「生意気喧嘩は江戸の華?」

匠()は相変わらず中島煙火店の仲間になじめず、一国()に諭されても納得しない。こころ()は、美佐子()の営業の手助けになればと、独断で落語家の今昔亭小銀を訪ね、見事宴会の予約を取り付ける。しかし、小銀とは犬猿の仲の恵比寿家大福の宴会も同じ日に入っていた。美佐子はいづみ()に、この宴会を自分に仕切らせてほしいと宣言する。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(69) 「生意気喧嘩は江戸の華?」

小銀(橘家圓蔵)と大福()の宴会当日。仲の悪い両者が顔を合わせないよう、美佐子()はこころ()や従業員たちと段取りを打ち合わせる。宴会中、出す料理を千野(清水由貴子)が取り違えるが、何とか乗り切る美佐子。しかし両者が鉢合わせし、座敷は大騒動に。いづみ()は「先代たちは仲良くうなぎを食べていた」と語り、鮮やかに両者を和解させる。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(70) 「生意気喧嘩は江戸の華?」

宴会を仕切れなかった美佐子()は、今後も宴会はいづみ()に任せる、とすっかり弱気に。こころ()は心配する。そんな折、こころが機内で出会ったハナ()が店を訪れる。ブラジル在住のハナは「きよ川」の味に感激する。一国()の煙火店では、花火を作れずにいらだつ匠()が再び騒動を起こし、銀()と花火対決を行うことに。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(71) 「生意気喧嘩は江戸の華?」

花火対決をすることになった匠()と銀()は、必死に準備を進める。こころ()は二人にうなぎを差し入れ、エールを送る。一国()といづみ()は、二人の姿に若き日の沢朗と一国を重ねる。対決の夜。匠は途中まで成功するも最後の1発に失敗。銀は、成功は最初の1発だけで後は失敗に終わる。一国は両者とも失格の判定を下す。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(72) 「生意気喧嘩は江戸の華?」

地球儀でブラジルを眺めているいづみ()に、こころ()は、たまには羽を伸ばして行って来たらと話す。一方、元気がない美佐子()の様子を見たこころは、従業員たちと何とかもり立てようとする。美佐子は、一国()の「美佐ちゃんなりのやり方で店を守ればいい」という言葉に励まされる。カナリヤ軒で、いづみは吉川()にブラジル行きの決意を話すが、逆に吉川からプロポーズされ大騒動になる。

ChromeCast対応

(73) 「女三代 旅立ちの朝」

いづみ()が吉川()からプロポーズされたと知り、美佐子()は二人の結婚に強く反対。いづみが結婚すれば美佐子が女将(おかみ)を務めなければならないが、美佐子にはその自信がないのだ。一方いづみは、「ブラジルへは行かず、ずっと肩を並べて歩いてほしい」と語る吉川の思いに応えようとする。だがこころ()は、いづみの中に迷いがあるのを感じる。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(74) 「女三代 旅立ちの朝」

優作の母・晴子(大森暁美)が三社祭の見物に訪れる。こころ()の優作への変わらぬ思い、倖()たちの元気な姿に、晴子は感謝する。一国()からいづみ()の結婚話を聞き、沢朗()が美佐子の前に。沢朗は、美佐子なら立派な女将になれる、と励ます。三社祭の朝、吉川()が「きよ川」に結婚の挨拶にきた。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(75) 「女三代 旅立ちの朝」

三社祭当日。「きよ川」は大忙しだが、調理場は祭囃子に気もそぞろ。そんな面々といづみ()の前で、美佐子()は、これからは自分が女将だと力強く宣言する。翌日、こころ()はハナ()に呼び出され、いづみがブラジル行きを一度は承諾していたと知る。こころに本心を問いただされたいづみは、やはりブラジルに行きたいと吉川()に話す。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(76) 「女三代 旅立ちの朝」

いづみ()の突然の結婚中止とブラジル行きの発表に、美佐子()は猛反発。いづみが決心を変えない限り店は継がない、と家をでる。その日は大事な宴会が2件入っていた。いづみは宴会をキャンセルしろというが、こころ()は、美佐子が戻るまで代わりに何とかすると宣言。一方、美佐子は店のことが気になってしかたないが、意地を張って帰らない。宴会が始まると…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(77) 「女三代 旅立ちの朝」

こころ()の失敗で大騒ぎの店に、美佐子()が戻ってきた。いづみ()の機転で急きょ、美佐子の九代目女将襲名披露が行われ客たちも納得。その夜、母娘三代は互いの思いを語り合い、つながりを確かめ合う。受け継がれるのは店だけではないのだ。いづみが旅立つ日。送別会に集まる面々をよそに、いづみがなかなか現れない。一人こっそり旅立とうとしたいづみは…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(78) 「女三代 旅立ちの朝」

美佐子()が女将になって1か月。こころ()は店を手伝いたいが、従業員たちも気を使って手伝わせてくれない。一方こころは、夜遅くに繁華街で倖()を見かけた、と匠()たちから聞く。山本屋に行くと、万太郎()も同じく倖を見たという。そこへ男性客が宴会の打ち合わせに訪れる。それは投網子()の不倫相手・日下部()だった。何とか隠そうとするこころたちだが…。

ChromeCast対応

(79) 「うなぎ屋 わがふるさと」

日下部()との不倫がばれ、万太郎()と衝突した投網子()は、山本屋を飛び出す。美佐子()は、投網子をしばらく「きよ川」で働かせることにする。店を手伝わせてもらえないこころ()としては複雑な心境だ。一方、倖()が夜遅く出歩くのを見かけたという証言はさらに増える。倖は学園祭の準備で遅くなっているというが…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(80) 「うなぎ屋 わがふるさと」

倖()は、隠していた靴もお金も学園祭で使うものだと言い張る。ウソだとわかっても問いただせないこころ()。やがて匠()の機転で、倖は塾の受講料をためるため遊園地でアルバイトしていたことが判明する。他人に心配や迷惑をかけたことを厳しく叱る美佐子()に対し、こころは倖をかばおうとする。そんなこころに匠は、子供たちに遠慮していると指摘する。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(81) 「うなぎ屋 わがふるさと」

「きよ川」に来た日下部()は、妻と離婚して投網子()を選ぶというが、美佐子()は反対。投網子と日下部は万太郎()にあいさつに行くが、万太郎は思わず投網子を殴ってしまう。投網子は、女らしさを捨てて船で働いてきた思いを語り、山本屋との決別を宣言。こころ()は投網子の本当の思いを知る。そんなとき、万太郎がギックリ腰に…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(82) 「うなぎ屋 わがふるさと」

投網子()は山本屋のピンチに駆けつけ、無事船を出す。翌朝、日下部()はこころ()を訪ね、投網子に家族のもとに帰るよう伝えてほしいと頼んで去る。投網子は山本屋に戻る決心をしていた。一方、投網子から「きよ川」の経営の実情を聞いたこころは、改めて店を継ぎたいという思いを強くする。そして、美佐子()を納得させるために…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(83) 「うなぎ屋 わがふるさと」

辞表を手に出勤したこころ()を、ファーストクラス担当へ昇格の知らせが待っていた。だが決意は揺るがず、涼子(高田万由子)は辞表は預かっておくという。いよいよこころの面接が始まる。美佐子()の質問はどれも厳しいが、飾ることなく素直な思いを伝えていく。尊敬する人がいる「きよ川」で働きたい、いつの日か美佐子のような母に、おかみになりたいと語るこころ。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(84) 「うなぎ屋 わがふるさと」

最後に到着のアナウンスを務め、こころ()のラストフライトは無事に終わる。そして、こころの歓迎会が「きよ川」で盛大に催される。従業員たちから歓迎の言葉が贈られる一方、涼子(高田万由子)と落合()の交際が発覚。匠()は、おかみと花火師、どちらが先に一人前になるか競争だと、こころにハッパをかける。皆が帰り、こころは改めて美佐子()に、美佐子のような女性になりたいと話す。

ChromeCast対応

(85) 「謎の女とリストラと」

夏。こころ()は「きよ川」で一から修業の日々。美佐子()は、おかみの会合で経済評論家・山崎()にリストラの重要性を説かれ、経営コンサルタントに見てもらう気になる。そんな時、「きよ川」に的確な批判をする女性客が現れ、こころはコンサルタントと勘違いする。だが、それは千野(清水由貴子)の姉・小江美()だった。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(86) 「謎の女とリストラと」

小江美()は、前橋でレストランを経営する夫と幸せに暮らしていると話すが、なぜか千野(清水由貴子)は疑わしげに聞いている。人当たりのよい小江美は、万太郎()や鉄男()ともすぐ意気投合。その夜、カナリヤ軒で酒の入った千野は、こころ()と従業員たちに、姉妹はかつて向島の料亭の娘だったと話し始める。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(87) 「謎の女とリストラと」

野球がしたくて男のきょうだいを欲しがる優太()。自分は良い姉ではないのでは、と倖()はこころ()に打ち明ける。深夜、酔った小江美()が「きよ川」へ。本当は千野(清水由貴子)とやり直したいという小江美の気持ちを知り、こころは二人が仲直りする手伝いを申し出る。しばらく店で働いてもらうことにするが、小江美は突然こころたちの前で…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(88) 「謎の女とリストラと」

勧め上手な小江美()のおかげで、昼の「きよ川」ではうな丼より高いうな重の注文が増える。さらに小江美は、夜の宴席に板長の五井()があいさつに出るべきだと提案。結果的に客の心をつかみ、こころ()や美佐子()は感心する。その夜、千野(清水由貴子)と小江美は、実家の料亭が傾いたときのことを初めて本音で話し、一度は和解するが…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(89) 「謎の女とリストラと」

突然態度を変えた小江美()は、温泉宿をクビになって金に困っているといい、千野(清水由貴子)に無心する。千野は、美佐子()にこれ以上迷惑をかけられない、自分をリストラしてほしいと申し出る。こころ()は小江美を追いかけ、本心を問う。小江美は、かつて夫婦で料理屋を営んでいたが、赤字に苦しんだ夫が酒に溺れ、別れたと話す。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(90) 「謎の女とリストラと」

小江美()の夫・島田()が「きよ川」に現れ、酔った勢いで小江美を連れ帰ろうとする。しかし、こころ()や美佐子()が立ちはだかり追い返す。翌日、土用うしの日で店は大忙し。閉店間際、小江美の息子・芳雄()が島田を引っ張ってやって来た。小江美に戻って来てほしいと本心から話す二人の姿に、小江美は涙する。家族の結びつきの大切さを改めて感じたこころは、父に思いをはせる。

ChromeCast対応

(91) 「頑固は店の守りなり?」

「大場湯」に、複合的な温浴レジャー施設に改装する計画が持ち上がっている。大乗り気の香澄()に対し、昔ながらの銭湯にこだわる鉄男()は反対の姿勢だ。こころ()は、伝統を守りたい鉄男の気持ちに共感を覚えるが、美佐子()は意外にも「時代が変わればしかたのないこと」と言う。実は美佐子は、従来の「きよ川」のやり方に限界を感じていた。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(92) 「頑固は店の守りなり?」

美佐子()の判断で、お客を待たせないよう、忙しい夏の間だけうなぎをあらかじめ裂いておくことに。だが生野(勝俣州和)は納得がいかない。こころ()は慰めようとして、逆に生野に「“きよ川”のお嬢さんに生まれたこころには、職人の気持ちはわからない」と言われてしまう。一方鉄男()は、「大場湯」のスーパー銭湯への改装を断るが、香澄()は怒る。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(93) 「頑固は店の守りなり?」

新しいやり方を納得できない生野(勝俣州和)は、「きよ川」を辞める、と店を飛び出してしまう。一方、「大場湯」に帰らないと宣言した香澄()は、こころ()の心配をよそに楽天的。克男()が鉄男()を説得してくれるものと信じていた。だが、香澄を迎えに来た克男は信用金庫を辞めたと告白し、今のままの「大場湯」を継ぎたいと言う。香澄は激怒する。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(94) 「頑固は店の守りなり?」

生野(勝俣州和)がいない調理場はてんてこまい。こころ()たちは改めて生野の存在の大きさを痛感する。客として来ていた吉川()は、うなぎが早く提供されたことを指摘し、「昔は待つのも楽しみだった」とこぼす。当の生野は、銀()に職人の心意気を説かれ、「きよ川」へ戻る気になる。一方の香澄()は、父の「大場湯」への思いを理解するが…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(95) 「頑固は店の守りなり?」

生野(勝俣州和)は、美佐子()に自分の思いを改めて語る。美佐子もこころ()に促され、おかみとしての悩みを皆に話す。時代に取り残される不安を感じていたと言う美佐子。「きよ川」は従来のやり方に戻すことになる。香澄()はふがいない克男()を許せずにいた。こころたちは克男に、香澄を花火大会に誘って素直な思いを伝えろと、けしかける。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(96) 「頑固は店の守りなり?」

花火大会当日。今年はこころ()も店に出ている。忙しさが落ち着いたころ、こころは倖()たちと2階から花火を見上げ、優作のことを思い出す。克男()は、やっとのことで香澄()に気持ちを伝えることができた。夫婦の絆を深めた二人を見たこころはうれしく、少し切ない。一方、匠()は自分の花火で思うような結果が出せず、落ち込んでいた。匠はこころに、一緒に新潟に行かないかと誘う。

ChromeCast対応

(97) 「山里の夏うたかたの恋」

匠()は、新潟に行って沢朗に会おうとこころ()を誘う。こころは、一緒に新潟へ行かないかと美佐子()に尋ねる。お盆休み。結局、こころと優太()は、匠の車で優作の実家へ向かう。それぞれが優作に思いをはせる中、優作を失って子供に会えないつらさを痛感したと言う有礼()と晴子(大森暁美)に促され、こころは沢朗に会おうと決意する。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(98) 「山里の夏うたかたの恋」

匠()に連れられ、こころ()と優太()は山古志村へ。匠の飼っている牛の面倒を見ている「牛じい」()と知り合う。久しぶりに会う沢朗()とこころは緊張が取れない。翌日、匠はこころと優太を錦鯉(にしきごい)養殖場へ案内し、由姫子()と再会する。再会の喜びに浸る間もなく、匠は由姫子から、結婚することになったと聞かされる。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(99) 「山里の夏うたかたの恋」

匠()は、恋人だった由姫子()の結婚話にショックを受ける。こころ()は二人から話を聞き、思いがすれ違ったことを知る。一方、こころは匠に促され、沢朗()と語り合う。素直な気持ちで、沢朗や花火のことをもっと知りたいと言うこころ。翌日、匠は、一人前になって帰るから結婚を考え直して欲しい、と由姫子に告げるが、「もう同じ道は歩けない」と。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(100) 「山里の夏うたかたの恋」

こころ()は由姫子()の気持ちを確かめるが、鯉(こい)からも村からも離れることはできないと言う。匠()の牛の闘牛デビュー戦の相手に、由姫子の父・村上()の持つ牛の名が挙がる。体格・実績ともに不利だが、匠は対戦を決意。匠と由姫子のすれ違いに自らの父と母を重ねたこころは、沢朗()に、美佐子()と会って話してほしいと訴える。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(101) 「山里の夏うたかたの恋」

匠()は牛を特訓する。牛じい()はこころ()に、匠の気迫が牛に乗り移り、好勝負になるだろうと言う。大会当日。沢朗()に会う決意をした美佐子()も観客席に…。デビュー戦、予想通り押されたが、由姫子()の声援を機に猛反撃する。匠の奮闘に勇気づけられた由姫子は結婚を断り、錦鯉(にしきごい)を育てる夢を持ち続ける、と匠に誓う。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(102) 「山里の夏うたかたの恋」

こころ()たちは、沢朗()の家で夕食を囲む。倖()と優太()も一緒だ。美佐子()の手作りの漬物を皆で味わう。それは、沢朗の好物だった。事務所で話し合う美佐子と沢朗。16年たってようやくわだかまりの解けた二人は、時間をかけて少しずつ取り戻していこうと約束する。次の日、こころたちが匠()と一緒に線香花火で遊んでいると、佐緒里()が駆け込んで来て…。

ChromeCast対応

(103) 「愛は奪うというけれど」

佐緒里()の父・栄造()が倒れたとの知らせに、沢朗()と匠()は病院へ向かう。美佐子()は、佐緒里が最初に一目散に沢朗を呼びに来たことが気にかかっていた。美佐子の不安を感じるこころ()。栄造は長期入院を余儀なくされ、この夏の花火大会に関わることは絶望的に。沢朗は佐緒里に、看病に専念してくれと頼む。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(104) 「愛は奪うというけれど」

佐緒里()は美佐子()に、沢朗()への思いを語る。沢朗のつらい時期に何もできなかった、と自分を責める美佐子を見つめるこころ()。匠()は本当に工場を継ぐ気はないか沢朗に問う。こころは、浅草に早く戻ってほしいと沢朗に告げようと工場に向かい、匠に会う。沢朗が佐緒里に連れて行かれてしまうような不安を感じると、こころは話すが…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(105) 「愛は奪うというけれど」

こころ()は美佐子()に、正直な気持ちを沢朗()に伝えるよう促す。美佐子はまず佐緒里()と話すが、二人の気持ちはすれ違う。そして、遠慮して後悔したくないと決意した美佐子は、工場は継がず浅草に戻って来てほしい、と沢朗に伝える。同じころ、佐緒里は沢朗の家を訪れ、一人でいたこころに、自分には沢朗しか頼る人がいないのだと訴える。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(106) 「愛は奪うというけれど」

浅草に戻ってほしい、と美佐子()に言われた沢朗()。こころ()は父に、本当に思っているままを言ってほしい、と伝える。翌朝、沢朗は皆に「片貝の工場が安定するまで手伝いたい。何年かかるかわからないが、必ず帰る」と告げる。納得がいかない倖()に、こころは家族で大事なのは絆の深さだ、と諭す。美佐子は待ち続けることを納得し、浅草へ帰る。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(107) 「愛は奪うというけれど」

こころ()は六日町に戻り、倖()や優太()、匠()と一緒に優作の墓参りに行く。匠はこころに、美佐子()と沢朗()を再び引き離すような言動を取ったことをわびる。こころは、離れていても家族だと感じられる強い絆がある、生きていく勇気を優作にもらったと語る。浅草に戻ったこころは、美佐子と、沢朗のことをゆっくり話し合う。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(108) 「愛は奪うというけれど」

回復した栄造()は佐緒里()に、沢朗()を職人として解放してやれと言う。沢朗にも工場を手伝うことより大曲の花火競技会で優勝することが何よりの恩返しだ、と送り出す栄造。一国()にその話を聞き、こころ()は驚く。競技会の日、突然、佐緒里が「きよ川」を訪ねて来た。佐緒里は美佐子()に、沢朗がさらなる花火修業のために旅立ったことを伝える。

ChromeCast対応

(109) 「老舗の味は苦かった?」

美佐子()が女将の会の温泉旅行へ。美佐子は店のことを心配するが、任せてほしい、とこころ()たちは送り出す。一方、宿題で「親の仕事」について作文を書いている優太()は、こころの仕事では簡単すぎて作文にならないと言う。軽いショックを受けたこころは、「きよ川」で新商品を開発しようと思い立つが、五井()も生野(勝俣州和)も反対する。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(110) 「老舗の味は苦かった?」

丹下()の指導の下、こころ()はうなぎ修業を始める。こころは落合()から聞いた丹下の体調が気になる。一方、落合は涼子(高田万由子)との結婚に向け、涼子の息子・和博(塩野魁土)との関係をこころに相談。和博と話した優太()は、生みの母がいることを意識し始める。こころは、優太に実の母親のことを教えてあげて、と倖()に言う。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(111) 「老舗の味は苦かった?」

丹下()の息子・雅紀()が訪ねて来た。雅紀はこころ()に、丹下が「きよ川」を辞めたがっているようだと話す。こころは丹下に本心を問うが、丹下は「続けたいけれど気力がなくなり、引き際を考えていた」と言う。なおも新商品の試作を続けるこころと丹下。美佐子()も旅行から戻り、新商品候補の試食会が行われる。早速、売り出すことになる。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(112) 「老舗の味は苦かった?」

こころ()と丹下()が開発した「うむすび」は評判になり、売れ行きも好調。早速、週刊誌から取材の依頼が入る。こころたちは更に味の種類を増やす。一方で、吉川()は「これが『きよ川』の味か」と苦言を呈し、美佐子()は複雑な思いだ。料理評論家・近藤()は好意的な反応で帰るが、発売された週刊誌の記事では「うむすび」は手厳しく批判され…▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(113) 「老舗の味は苦かった?」

「うむすび」の記事を読んだこころ()は、丹下()とともに出版社へ抗議に行く。料理評論家・近藤()は若き日の「きよ川」での思い出を語り、失望を口にする。丹下は店を辞める決意をし、誰も止めようがない。丹下が最後のうなぎを焼くと、丹下を呼ぶ客が…。それは雅紀()だった。雅紀は、職人として腕一本で家族を養ってきた父の姿に励まされたと話す。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(114) 「老舗の味は苦かった?」

倖()は進路について落合()に相談し、こころ()の代わりに三者面談に来てくれないか、と頼む。その日、万太郎()の息子・万次郎()が学校をサボって家出し、倖たちの部屋に隠れていた。万次郎を荒っぽく連れ帰る万太郎。こころは、山本家のように遠慮なく言い合える親子になりたい、と倖に言う。そんな折、倖の担任教師が訪ねて来た。倖が進級試験を白紙で提出したというのだ。

ChromeCast対応

(115) 「子故に迷う親心」

倖()が進級テストをすべて白紙で提出したと聞き、ショックを受けるこころ()。問いただされた倖はあいまいな返事しかしない。一方、倖はリカ子(一戸奈未)や投網子()の話には耳を傾ける。香澄()の妊娠を、克男()ら一同は「きよ川」に集まり喜び合う。その場で落合()は、カンナが日本に戻って来ることをこころに伝える。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(116) 「子故に迷う親心」

カンナが戻って来ることを倖()も知っていた。こころ()は皆で歓迎会を開こう、と倖と優太()に言う。優太は倖に、生みの母のことをもっと知りたいと話す。倖は、家庭教師のリカコと話すうち、化粧に興味を持つ。やがて倖は化粧をして登校し、こころは中学校から呼び出される。慌てて支度しようとしたこころは、机上に置かれたカンナから倖への絵葉書に気づく。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(117) 「子故に迷う親心」

化粧をして帰って来た倖()は、こころ()に心を開こうとしない。リカ子(一戸奈未)は、いい子を続けるのは窮屈だろうと、化粧を教えたことをこころに打ち明ける。倖は、謹慎中にもかかわらず家を抜け出した。こころとリカ子は必死に探し回り、投網子()の船宿で倖を見つける。しかし倖は、皆にいい子扱いされるのが息苦しい、医者にもなりたくないと言い放つ。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(118) 「子故に迷う親心」

倖()から「本当の母親でもないくせに」と言われたこころ()は、匠()に弱音を吐く。匠は自信を持てと励ます。カンナ()が帰国する日、「きよ川」で歓迎会を行うことに。倖は、こころとカンナが中途半端に仲良くされても困る、と優太()にこぼす。現れたカンナはすぐに微妙な空気を察して、こころに、倖とうまくいっていないのか、と尋ねる。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(119) 「子故に迷う親心」

カンナ()の歓迎会の席で、落合()が涼子(高田万由子)にプロポーズする。酔った投網子()を送って行く倖()と匠()。こころ()とカンナ、二人の母の間で迷っていると話す倖に、匠は「いつまでも決めないのはひきょうだ」と言う。一方こころはカンナに、倖が問題を起こしたことを明かし、時々子供たちに会ってほしいと話すが…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(120) 「子故に迷う親心」

カンナ()は、倖()と優太()と別れるために帰国したと、こころ()に告げた。翌朝、二人が何を話したか気になる倖に対し、優太は無邪気にカンナとキャッチボールを楽しむ。こころは改めてカンナに、今後も子供たちと会ってくれと話す。その夜、倖はこころとカンナに、医者にはならないと言う。皆が不幸になった、優作のしたことは間違いだ、と口走る倖を、こころはたたいてしまう。

ChromeCast対応

(121) 「ふたりの母親ひとつの家族」

こころ()とケンカした倖()はカンナ()のもとへ。美佐子()は迎えに行くよう諭すが、こころは、倖が自分から帰らないと意味がないと言う。子供たちを引き取りたいと言わないカンナに疑問を感じたこころは、落合()に相談。そんな折、優太()の同級生とその母親たちが「きよ川」に押しかける。優太にケガをさせられたと言うのだ。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(122) 「ふたりの母親ひとつの家族」

ケンカで相手の子供たちにケガさせた優太()は、こころ()にも理由を答えない。こころは一人で謝りに行く。その夜、カンナ()と話した倖()は、カンナと優作の医療に対する思いを改めて知り、再び医者になりたいと思う。倖にはカンナが必要だと感じるこころ。優作から倖への贈り物だった聴診器を託し、こころは、倖を支えてほしいとカンナに頼む。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(123) 「ふたりの母親ひとつの家族」

カンナ()は、日本で仕事を探し始めた。優太()のケンカの原因は、こころ()のことを書いた作文を侮辱されたためだとわかる。優太はこころを悲しませると思って言えずにいたのだ。改めて謝りに行った先で、言うべきことは言うこころの姿を誇らしく思う優太。一方、カンナの仕事探しはうまくいかない。弱気のカンナを見て、倖()は複雑な気分になる。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(124) 「ふたりの母親ひとつの家族」

倖()は仕事探しに忙しいカンナ()とすれ違うばかり。こころ()は落合()に頼まれ、カンナに診療所を手伝ってほしいと持ちかけるが、自分の道を捨てられないと断わられる。カンナはドイツに戻ることも考えていた。自分の理想と子供たちとの間で苦しむカンナ。カンナの苦悩を聞いたこころは、倖と優太()にカンナのもとへ行くよう告げる。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(125) 「ふたりの母親ひとつの家族」

子供たちをカンナ()に渡す決意をしたこころ()。強く反対する匠()に、こころは、沢朗と再会して実の親子の絆の大切さを痛感したと言う。こころは美佐子()の胸で思い切り泣く。優太()がいないのに気づき、浅草じゅうを探し回り、川べりで優太を発見する。優太は一人で倖()のところへ行こうとしていたのだが、ひどい熱を出していて…▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(126) 「ふたりの母親ひとつの家族」

一夜明け、診療所で目を覚ました優太()は、こころ()の姿を探す。優太を見舞いに来たこころは、改めてカンナ()と語り合う。日本に残る決心をしたカンナは、診療所を手伝いながら働き先を探すと言う。そして、倖()と優太をこころのもとへ帰したい、と。こころは、抑えこんでいた倖と優太への気持ちを正直に語る…。クリスマス。倖たちはカンナに、かつて優作のために買った自転車を贈る。

ChromeCast対応

(127) 「ひょんな恋でも恋は恋」

新潟から有礼()が上京。こころ()たちと「きよ川」へ向かう途中、はしゃいだ優太()が初老の男()にぶつかる。こころは男を「きよ川」に招く。一方、匠()は隅田川花火大会のコンクールへの参加が急きょ決まり、前祝いに一国()とともに「きよ川」を訪れ、男と鉢合わせ。男は匠の父・伝蔵だった。伝蔵は、匠に頼み事があると言うが…▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(128) 「ひょんな恋でも恋は恋」

父・伝蔵()に対してわだかまりを持つ匠()。こころ()は父子が和解するきっかけになればと、伝蔵を浅草観光に連れ出すが、長男の嫁の実家に頭が上がらない伝蔵の現状を知る。こころは匠に、伝蔵ときちんと話してほしいと頼む。「きよ川」で顔を合わせる匠と伝蔵。花火師として大事な今、佐渡には帰らないと言う匠に、伝蔵は突然、縁談があると言いだす。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(129) 「ひょんな恋でも恋は恋」

伝蔵()が勝手に持ち込んだ縁談に怒る匠()だが、すっかり弱気になった父をふびんに思う。そこへ倖()と優太()が現れ、匠はこころ()と結婚するのだとうそをつく。次の日、伝蔵に呼び出されたこころ。二人の仲を認め、匠を佐渡へ連れて帰る話はやめると言う伝蔵は、両家の顔合わせを翌日に行いたいと言いだし、こころと匠は戸惑う。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(130) 「ひょんな恋でも恋は恋」

匠()の結婚話を喜ぶ伝蔵()に真実を話せぬまま、こころ()と匠は顔合わせの日を迎える。匠の兄・正()は匠に、仕事は保証するから佐渡に戻って両親の面倒を見ろと言う。両家の顔合わせが始まると、正の質問にこころと匠の答えがかみ合わず、気まずい雰囲気に。正は「匠に丸め込まれた」と伝蔵を非難し、結婚には反対だと言い残して去る。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(131) 「ひょんな恋でも恋は恋」

こころ()は伝蔵()に、真実を告白し、匠()を頼りに思う気持ちは芝居ではないと告げる。花火工場に案内された伝蔵は、仲間たちとの花火作りに励む匠を見て、匠を浅草に残していく決心をする。匠もずっと伝蔵に認められたかったと打ち明け、二人は和解する。その夜、優太()から「新しいお父さんはいらない」と言われたこころは、改めて優作を思う。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(132) 「ひょんな恋でも恋は恋」

いづみ()がブラジルから板前探しに帰って来る日。こころ()も美佐子()も皆、朝からソワソワ。いづみが帰るより先に姿を現したのは、沢朗()だった。突然浅草に戻ってきた沢朗を、万太郎()も鉄男()も心から歓迎する。久しぶりに口にする「きよ川」のうなぎに、舌鼓を打つ沢朗。ほほえましく見守るうち、こころたちはいづみの迎えを忘れて大騒ぎになり…。

ChromeCast対応

(133) 「幸せ招いた大花火」

いづみ()と沢朗()が帰って来た「きよ川」の風景は、懐かしくも新鮮。一国()のもとを訪れた沢朗は、花火作りをやめ、こころ()と美佐子()のために浅草に戻るつもりだと話す。一方こころは、客室乗務員を辞めたことをいづみが怒っているのでは、と気にしていた。思い切って「きよ川」を継ぐ決意を語るこころに、いづみは「ありがとう」と答える。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(134) 「幸せ招いた大花火」

沢朗()から一緒に暮らそうと言われた美佐子()だが、花火は作らぬと告げられ複雑な思いだ。ブラジルからカルロス(岡本義寅)という板前がいづみ()を訪ねて来たが、陽気な言動に皆あぜん。こころ()は一国()から、沢朗が花火作りをやめると聞く。花火大会前夜、匠()はこころに、明日の自分の花火に元気づけられるか見届けてほしいと言う。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(135) 「幸せ招いた大花火」

いづみ()仕込みのカルロス(岡本義寅)の腕前はなかなかで、生野(勝俣州和)らは慌てる。隅田川花火大会も大詰め、いよいよ匠()の花火が上がる。匠の花火はすばらしいかったが、沢朗()の評価は厳しい。自分の花火に悩む匠に、こころ()は優しく語りかける。同時に、沢朗の花火への情熱を感じたこころは、沢朗に、花火作りをやめないでほしいと告げる。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(136) 「幸せ招いた大花火」

こころ()も美佐子()も、沢朗()に花火作りをやめてほしくない。沢朗が花火作りをやめると聞いた佐緒里()が、「きよ川」を訪ねて来て、もう一度だけ、片貝の奉納花火を手伝ってほしいと言う。工場をたたみもうとする沢朗に、美佐子は、家族の幸せを願う奉納花火を佐緒里に発注した、と告げる。こころたちの思いを受け止めた沢朗は新潟へ向かう。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(137) 「幸せ招いた大花火」

新潟へ着いた沢朗()は早速、作業を始める。いづみ()とこころ()は美佐子()を沢朗のもとへ行かせたいが、美佐子はあくまで店が優先だと意地を張る。投網子()が銀()は連絡を取り合ううち親密になっていた。花火の日が近づいても、新潟へ行きたがらない美佐子だったが、沢朗から電話で「絶対に見に来てほしい」と言われ…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(138) 「幸せ招いた大花火」

奉納花火当日、「きよ川」に急な宴会が入ってしまう。片貝には、一国()と投網子()が一足先に到着。一国は、銀()の作った尺玉を手に取り、思わず感激の涙を流す。一方、客を放っては行けないと言う美佐子()に対して、いづみ()が助け船を出した。こころ()と美佐子は大急ぎで片貝へ…。沢朗()の上げた「八重芯」の美しい花火に、こころたち家族は思いを一つにする。

ChromeCast対応

(139) 「めざすは女将十代目」

奉納花火で家族のために美しい八重芯を上げた沢朗()。こころ()と美佐子()は感謝の言葉を伝える。匠()は、親のために佐渡に帰ることになるかも知れないと言う。美佐子は、新潟に残って工場を続けたいという沢朗の思いを受け止め、再び別れて暮らす決断をする。話を聞いていたこころは、女将としての自分の力のなさを感じる。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(140) 「めざすは女将十代目」

新潟から戻った美佐子()は店に立つ。こころ()はいづみ()に、若女将として仕込んでほしいと頼む。美佐子が安心して新潟へ行けるためだけでなく、自分自身が成長したいからだった。ブラジルに帰るまでの間の指導を引き受けたいづみは、客へのあいさつの所作から仕込む。ある夜、酔っ払い客(ジョーダンズ)のあしらい方で、こころは美佐子との差を思い知る。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(141) 「めざすは女将十代目」

美佐子()との女将としての格の差を見せられたこころ()は、改めて女将修業に励む。一方、銀()と投網子()の交際に反対する万太郎()は、一国()に会うため、新潟の沢朗()の家に乗り込む。花火師の妻として、投網子に美佐子のような思いをさせたくない、という万太郎の本音を聞いた沢朗は…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(142) 「めざすは女将十代目」

沢朗()から美佐子()のもとに、仕事でしばらく浅草にいけそうにない、との電話が入る。美佐子も忘年会シーズンで忙しく、新潟にいけそうにない。大きな宴会の予約が入るが、美佐子が予約日を間違えてしまう。こころ()は若女将(おかみ)として必死に美佐子をカバーし、宴会は何とか無事に終わる。その夜、美佐子はこころに女将をまかせ、新潟にいく決心がついた。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(143) 「めざすは女将十代目」

美佐子()が新潟に去り、きよ川はこころ()が若おかみとして、いづみ()のもとに働いている。浅草に銀()が戻ってくる。まだ結婚はしないといいつつも幸せそうな銀と投網子()の姿に、こころは優作のいない寂しさを感じる。その夜、こころ()は偶然匠()と出会うが、匠は父親のけがのため、佐渡に戻る決心をしたことを伝える。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(144) 「めざすは女将十代目」

師走になり、突然美佐子()が新潟から戻ってくる。誰も知らない土地でストレスがたまった美佐子は、気分転換がてら店を手伝うために帰ってきたのだった。一方、忘年会のシーズンながらあまり予約の入らない状況を知り、リカ子(一戸奈未)が会社社長の父親を紹介する、という。それは生野(勝俣州和)とつき合っているためでもあった。だが、生野は、数日後現れた父親()を怒らせてしまう。

ChromeCast対応

(145) 「さよならが恋の始まり?」

「きよ川」を訪れたリカ子(一戸奈未)の父・一成()に、生野(勝俣州和)は勢い余ってリカコとの結婚を申し出る。突然の非礼に一成は憤慨し、30人の忘年会をキャンセル。こころ()は、挽回のチャンスを一成に求める。一成は、生野の料理で自分の食通仲間たちを満足させることができたら、二人の交際を認め、忘年会も予定どおり行うと宣言するが…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(146) 「さよならが恋の始まり?」

生野(勝俣州和)の力量を試す宴席。玉越が招く面々は有名な食通であると判明し、五井()はこころ()に、特別に天然うなぎを注文するよう指示する。美佐子()は迎えに来た沢朗()とともに温泉へ。こころは、五井の先輩・多岐川(山田太郎)の協力を得てメニューを完成させるが、玉越から「ただの宴会でなく取引も兼ねることになった」と電話が入った。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(147) 「さよならが恋の始まり?」

こころ()は倖()から、交際している人がいると打ち明けられる。相手は医大生だが、倖が高校生と知らないので、親公認という形にしてほしい、カンナには話さないでと倖は言う。一方、現役引退を考えて弱気な吉川()に、いづみ()がハッパをかける。いよいよ玉越の宴会当日。板長を務める生野(勝俣州和)はじめ皆張り切るが、肝心の天然うなぎが届かない。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(148) 「さよならが恋の始まり?」

天然うなぎが届かず緊迫する「きよ川」。こころ()は、気持ちを切り替えて、いつもの養殖うなぎでベストを尽くそうと皆に提案する。ついに玉越()たちがやって来た。あいさつに出向いたこころと生野(勝俣州和)が今日のうなぎは養殖だと告げると、食通たちは養殖ならばうなぎは食べないと言う。そこへ、天然うなぎが見つかったと一国から連絡が入り…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(149) 「さよならが恋の始まり?」

天然うなぎの到着は1時間後。調理して客に出すまでには2時間近くかかってしまう。こころ()たちが間を持たせる手はないかと頭を悩ませていると、芸人二人組が協力を買って出る。二人が宴席を盛り上げている間に、届いたうなぎを急いで調理する生野(勝俣州和)たち。うな重を堪能した食通たちは上機嫌で帰る。そして一成()は、生野とリカ子(一戸奈未)の仲を認めた。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(150) 「さよならが恋の始まり?」

医大生との交際を認めてほしい倖()は、こころ()とカンナ()に手紙を書く。こころは、天然うなぎを手配したのは匠()だと一国()に聞く。交換条件に水産会社を手伝うことになり、匠は花火をやめるという。その夜、匠の送別会が行われる。匠が返したはんてんを、「お前が戻るまで預かる」と言う一国。そして、匠は「きよ川」へ来た。こころが匠に、花火をやめていいのかと問うと…。

ChromeCast対応

(151) 「浅草わが町心意気」

匠()がこころ()に「好きだ」と告白するのを、倖()と優太()が見ていた。倖は理解を示すが、優太は納得しない。こころは美佐子()といづみ()に匠とのことを打ち明ける。心配を隠せない美佐子。いづみは真剣に匠と向き合うように促し、「過去の思い出は胸に、でも人は新しく生きていくべきだ」と言う。こころの気持ちは揺れる。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(152) 「浅草わが町心意気」

匠()がこころ()に告白して以来、優太()はこころに反抗的。大みそか。こころは沢朗()に相談する。沢朗は「自分の心に正直に生きてほしいから『こころ』と名付けた」と語り、自分の気持ちに素直になれと、背中を押す。元日。匠は、こころと優太が親子げんか中だと沢朗に聞き、「きよ川」へ。改めてこころに、本当の気持ちを聞かせてほしいと問う。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(153) 「浅草わが町心意気」

匠()は、初詣帰りのカンナ()と優太()に出くわす。こころ()から「子供たちが一番大事だ」と言われたことを話す匠。匠とのことを知ったカンナはこころに、優作のためにもこころには幸せになってほしいと告げる。時は流れ、2月。いづみ()はついに来週ブラジルへ帰るという。視力が回復した多岐川(山田太郎)を職人として連れて行くのだ。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(154) 「浅草わが町心意気」

突然こころ()を訪ねてきた匠()の父・伝蔵()は、匠が花火をやめた本当の理由が分からないと言う。こころは伝蔵に、天然うなぎの件を説明する。それを聞いた伝蔵は、上京している匠と正()、正の義父で水産会社社長の大城()を「きよ川」に招く。匠が作る花火の素晴らしさをこころに聞いた大城は、さらに匠自身の花火に対する思いを聞いて…。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(155) 「浅草わが町心意気」

匠()が花火を続けることになり、こころ()との関係が気がかりな美佐子()は、匠に気持ちを問いただす。こころは友達だ、と言い切る匠…。いづみ()がブラジルへ旅立つ日が来た。吉川()もともに旅立つ。4月。いよいよ匠が帰って来ると聞いて、皆こころと匠の話題で持ちきり。倖()は、迷っているこころを励まし、後押しする。▼番組末尾の画像を変更して配信します。

ChromeCast対応

(156) 「浅草わが町心意気」(最終回)

5月。三社祭を見に来ていた有礼()と晴子(大森暁美)は、こころ()に、優作の夢を見たと話す。ただ黙ってほほ笑む優作。それは優作からの「前を向いて生きろ」というメッセージなのではないか、と有礼は言う。美佐子()もこころに、幸せになりなさい、と告げる。祭が終わる頃、こころの前に匠()が現れる。なぜ優作は自分の夢には出てきてくれないの、と涙するこころを抱きしめた匠は…。

ChromeCast対応

国内ドラマ「こころ」のキャストと製作陣は?

出演: 末永こころ (中越典子)

出演: 清野いづみ (岸惠子)

出演: 末永美佐子 (伊藤蘭)

出演: 末永沢朗 (寺尾聰)

出演: 朝倉優作 (仲村トオル)

出演: 朝倉倖 (黒川智花)

出演: 朝倉優太 (広田亮平)

出演: 落合薫 (パパイヤ鈴木)

出演: 中島一国 (竜雷太)

出演: 中島銀 (阿部サダヲ)

音楽: (吉俣良)

脚本: (青柳祐美子)

こころを無料視聴する時の注意点まとめ

しゃるてぃあ
無料視聴する時に注意する事はあるのかしら?
あるべど
もちろんあるわよ⁉

大まかに言うと違法か合法か?公認か公認じゃないか?かしら…

動画の公開を認められた公認動画サイトと著作権者の了承を得ず、無料で動画を公開する違法アップロードサイトがあるので、無料動画を探す際は充分注意し、違法サイトを利用した際のリスクも理解しましょう。

違法動画サイトと被害報告例

違法サイト リスクと被害報告例
Dailymotion

個人情報の漏洩:スキミングやトロイの木馬などのコンピューターウィルスの感染により個人情報が漏洩

詐欺被害:高額なサイト利用料を請求され、応じなければ脅迫行為に出るなどの被害が多数出ている。

スマホが破損:違法サイトにアクセスした後にスマホがクラッシュし破損した。

画質が悪く、全話見れない:アップロードしした動画に依存するため粗悪な動画が多い

Pandora
GOGOアニメ
B9
Nosub

アナタの個人情報が 狙われています‼

危険を冒して、それでも1,000~2,000円が惜しいですか?

こころを全話まとめて観てみよう‼

しゃるてぃあ
安全に「こころ」を観るには結局どうすれば良いのかな?
あるべど
違法な無料動画サイトの利用は避け、「U-NEXT」などの公認動画サイトを利用すべきだと思うよ。

U-NEXTは、月額2,000円くらいで20万本も動画が見放題で、安全に視聴が出来るオススメの動画サイトです。しかも、31日間の無料お試しキャンペーンをしているので、お試し期間だけ体験したい方にもオススメです。更に31日間のトライアル期間中であれば、解約しても違約金なしの0円解約可能使うだけ使って解約しても問題ありません。

オススメは業界トップの「U-NEXT」で決まり‼

U-NEXTのトップ画像

31日間無料でお試しはこちらから >>

「U-NEXT」は業界最大の動画配信数を誇る人気動画サイトです。国内、海外ドラマはもちろん、アニメや洋画、邦画のジャンルでもお楽しみ頂けます。初回登録をした方、全員に31日間の「お試しキャンペーン」をしており、VOD未経験の方に優しいのも魅力です。

あるべど
U-NEXTはこんな方にオススメだからチェックしてみてね

U-NEXTは、業界トップの会員数と人気があるVOD動画サイトです。

  • 最新話の配信速度が速い:いつもリアルタイムで最新話が見れない方
  • 動画数が国内最大級:動画総数20万本とオールジャンルを満遍なく視聴したい方
  • まとめ視聴:アニメ、ドラマ、映画、劇場版など目当ての作品の関連動画が豊富なので休みで第1話~最新話。最終話を一気に視聴したい方

無料お試し31日間&600円分のポイント付与!最新作最速配信で見たい方はU-NEXT

定額
2,189 /月
31日間無料

U-NEXTで今すぐ観る!

こころが見れる話題のVOD

U-NEXT 無料お試し

U-NEXT 無料お試しイメージ
月額料金
2,189円
お試し期間
※お試し31日間
※注意事項 お試し期間を過ぎての契約は月額料金が掛かりますので、ご注意い下さい
U-NEXTは先行レンタルを行ったり、レンタル開始と同時に最新作を配信しているので、作品の話題がてんこ盛り。

Hulu 無料お試し

Hulu 無料お試しイメージ
月額料金
1,026円
お試し期間
2週間
Huluは、月額933円(税抜き)で全コンテンツ見放題!さらにマルチデバイス対応、数百本以上の長編映画や数千本以上のテレビ番組を取り揃えています。

AbemaTV

AbemaTV 無料お試しイメージ

月額料金
960円
お試し期間
14日間
国内最大の無料インターネットTV局。オリジナルコンテンツ数No.1!地上波では見られない恋愛リアリティーショー・バラエティ・ドラマ・音楽番組が15,000以上配信中。

TSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCAS 無料お試しイメージ
月額料金
1,026円
お試し期間
30日間

TSUTAYAの提供する宅配レンタル動画配信サービス「TSUTAYA TV」のセットプラン!宅配レンタルは借り放題

d’TV 無料お試し

d'TV 無料お試しイメージ
月額料金
550円
お試し期間
31日間
映画・ドラマ・アニメ・音楽など約12万作品が月額500円(税抜き)で見放題。強みは圧倒的なコストパフォーマンス!

Twitterの口コミとネタバレ

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる